プリリジーを手に入れた男性

プリリジーという凄いものを手に入れたぞ!

プリリジーは主成分をダポキセチンとした早漏治療薬ですが、脳内の興奮を抑制する作用があり、その効果によって脳は沈静化され性的興奮が適度に抑制されるので、射精までの時間が延長されるとても便利な薬なのです。

プリリジーの画像

まずはプリリジーを良く知る事から始めよう

プリリジーは、世界で初めて早漏の治療を改善する医薬品として発売された製品です。この医薬品には有効成分としてダボキセチンと呼ばれる物質が30mgもしくは60mg含まれており、性行為を行う1時間前までに1錠服用することで5~6時間程度は薬効が継続します。ダボキセチンは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)に分類される医薬品です。セロトニンは神経伝達物質の一つで、ノルアドレナリンやドーパミンといった他の神経伝達物質の分泌をコントロールし、精神を安定させて幸福感を与えるのが主な役目です。この物質が不足すると、目覚めや寝付きが悪くなったり、感情をうまく制御できなくなるなどの症状が起きるようになります。また、セロトニン不足が起きるとノルアドレナリンやドーパミンの分泌量が増え、交感神経が優位になって脳の興奮を抑えにくくなります。男性が悩まされる早漏は、これが原因で起こっています。ある神経細胞からセロトニンが放出されると、多くは別の神経細胞のレセプター(受容体)と結合しますが、全てが取り込まれるわけではなく、取り込まれなかったセロトニンは放出元の神経細胞に取り込まれて再利用されます。しかし、これがセロトニンが不足している状態の中で起こると、作用するセロトニンの量がますます不足してしまいます。これを改善するためには、セロトニンの取り込み口となっているトランスポーターのセロトニンが取り込まれる働きを抑制するのが有効であり、この作用をもたらすために服用する薬がSSRIです。SSRIの一つであるダボキセチンはこのような作用機序になっているため、早漏の改善だけでなく、うつ病やパニック障害などといった精神疾患の治療にも効果を発揮します。

性行為の何分前にプリリジーを服用したら良い?

プリリジーは世界初の飲む早漏防止薬で、日本では認可されていませんが、海外ではヨーロッパを中心に処方されている医薬品です。これまで男性器に塗布するタイプのクリームや厚めのコンドームなどによって、性交による刺激を回避していましたが、飲み薬として使用することで、無駄に刺激を妨げることなく自然な射精ができるようになるのが特徴です。有効成分のダポキセチンは、元々抗うつ剤として開発されていたSSRIとなっていて、脳内物質のセロトニンの量を調節することで、性交時の興奮や緊張といった精神を安定させる働きをもちます。この作用によって極度の緊張状態で起こる射精へのスイッチが抑えられ、通常より4~5倍まで時間が延びるようになります。プリリジーは短時間作用型となっているので、服用してから効果が持続するのは5~6時間ほどです。その後徐々に血中濃度は半減していき、24時間ほどで体外に排出されるようになります。あまり長い時間で射精のコントロールはできないため、服用するタイミングが非常に重要になってきます。ダポキセチンが経口投与されてから、血中濃度が最大になるまで、およそ1~3時間はかかるとされるので、一般的には性行為の1時間前に飲むのが良いとされます。食事の影響を受けにくいので、食前や食後のどちらでも良いとされますが、やはり体内に効率良く吸収させるなら空腹時にした方が良いでしょう。他の様々な医薬品でも同じですが、脂質は吸収を阻害することがあるので、脂っこい食事などは避けなければいけません。また、緊張感を紛らわせるためにお酒を飲む人もいますが、なるべく水かぬるま湯で飲んだ方が良いとされます。適量であればアルコールの摂取も問題ありませんが、深酒をすると感覚が鈍って勃起できなくなることもあるので注意しましょう。

どの手段でプリリジーを入手するのが賢い?

一番賢くて安全にプリリジーを入手する方法はクリニックです。早漏の悩みを解決してくれるクリニックに頼ったほうが、安心して服用することができるでしょう。プリリジーは副作用が少ない医薬品として知られており、世界で60か国を超える国で販売されていますが、残念なことに日本ではまだ未認可の医薬品になっています。しかし特別に許可を貰っているクリニックであれば処方は可能です。診察は早漏の具合を確かめたりしませんので安心してください。よくED治療薬も男性器を医師の前で出して観察されるようなことを言われることもありましたが、勃起不全も早漏も程度を調べるようなことはなく、問診で答える形式の診察になります。挿入して数分で発射してしまう、我慢しようとしてもまったく抑えることができない、性行為をするのが怖くなる場合は早漏症の可能性が高くなります。またパートナーに指摘されることでも、早漏の範疇になりますので、進んで改善を試みてください。自分から積極的に動かなければ改善されない症状であることを自覚しておきましょう。クリニックで診察を受けてから処方されるのは一番賢い入手方法ですが、その延長線上の購入方法として、個人輸入が欠かせません。クリニックは安全に服用することができる環境をもたらしますが、保険診療にはならず自己負担になってしまいます。それによって費用が大きくかかりますので、それを補うために個人輸入を利用するのも賢い選択です。ただいきなりプリリジーを求めるために個人輸入を利用するのはリスクがあります。クリニックで処方を受けて服用をし副作用もない場合に限り、個人輸入で購入するのがもっとも賢いプリリジーの入手手段になるでしょう。