プリリジーを手に入れた男性

プリリジーは主成分をダポキセチンとした早漏治療薬ですが、脳内の興奮を抑制する作用があり、その効果によって脳は沈静化され性的興奮が適度に抑制されるので、射精までの時間が延長されるとても便利な薬なのです。

2016年11月の記事一覧

プリリジーと薬物治療とヒアルロン酸について

日本は、勃起不全で悩む人も多いのですが、早漏症で悩む人も多いです。
早漏症の男性は、射精するまでの時間が短く、パートナーが満足しないうちに射精してしまうので、パートナーとの関係が悪化することもあります。
昔は、早漏症に対する有効な治療薬はなかったのですが、2009年にベルギーに本社がある製薬会社がプリリジーを開発しました。
現在では多くの男性が薬物治療を受けています。
プリリジーは、世界60ヶ国以上で認可されています。
プリリジーの主成分は、ダポキセチンで、SSRIに分類される薬剤です。
脳内には、神経伝達物質のセロトニンが存在します。
セロトニンは、ドーパミンやノルアドレナリンの作用を抑えると考えられています。
射精はノルアドレナリンと深い関係があります。
早漏症の患者は、セロトニンが不足しています。
プリリジーを服用すると、脳内のセロトニンの濃度が高くなります。
セロトニンの濃度が高くなると、ノルアドレナリンの過剰な分泌が抑えられます。
ノルアドレナリンの分泌の抑制により、興奮も抑えられ、射精までの時間が長くなると考えられているのです。
プリリジーは、服用した後、5時間くらい効果を発揮し、その後排出されます。
プリリジーは、副作用が少なく、安全性も高い治療薬です。
そのため、日本でも人気があります。
プリリジーは、性行為の1時間前に服用します。
重度の狭心症を患っている人は、プリリジーを使うことはできません。
性行為の時に刺激を受けるのは、亀頭です。
亀頭にヒアルロン酸を注入することで、刺激に対する感覚を鈍くさせて早漏症を改善する方法もあります。
早漏症の治療方法には、セマンズ法もあります。
セマンズ法は、パートナーの協力が必要になります。

続きを読む